障害の有無問わず参加できるワークアウトプログラム





みなさん、こんにちは!

最近は天気もよく過ごしやすい時期が続いていますね。

代表の田中は花粉症持ちなので、花粉症の悩みから解放されて快適な毎日を過ごしております。


今日ご紹介するのは、タイトルの通り”障害の有無問わず参加できるワークアウトプログラム”です。


コロナ禍でオンラインで参加できる、家でもできるトレーニングプログラムはさまざまな情報を得ることができたかと思いますが、実は車いすユーザーだったり体に障害がある人へのワークアウトプログラムはなかなか情報を得るのが難しかったりします。


私たちセンターポールでは、今年の春にトレーナーの桑野東萌さんに監修いただき

コアトレーニング、コンディショニングトレーニング、ジュニアワークアウトプログラムを作成しました。

各セッションにはパラアスリートの参加や、センターポールのクラスにも参加してくれているジュニアメンバーがモデルとしてみなさまに伝わりやすいように仕上がっています。


私が特にキッズやジュニアにおすすめしたいのがジュニアワークアウトプログラムです。

下肢障害や脳性麻痺のお子さんは普段車いすでを使用することが多いかと思いますが、日常生活では車いすの移乗が必要です。

もちろん、症状によっては介助も必要になりますが、自分でできることは自分でできるようになる要素がたくさん詰まったプログラムです。

できることが増えていくことで自身につながり、行動範囲も広がっていくの是非キッズ、ジュニアの皆さんにご参加いただけると幸せです。


動画は下記URLから無料でご覧いただけます。



閲覧数:0回0件のコメント