放課後デイサービスについて

放課後デイサービスは障がいのある7歳以上18歳以下の就学児のための通所支援の一つが放課後等デイサービスです。授業の終了後又は休業日に児童発達支援センターその他の厚生労働省令で定める施設に通い、生活能力の向上、社会性の向上等のために療育等の支援を受けることができます。
学童との違いは、放課後等デイサービスは東京都世田谷区認可の福祉サービスです。お子さんのお困り感にしっかりフォーカスし、出来ないことが出来るよう療育支援を行う場所です。

少人数の支援者で適切な支援を行うことで、お子さんの居場所を提供するだけではなく、楽しみながら成長のサポートをいたします。

​センターポールでは肢体不自由、発達障害のお子さんの支援を行っております。

 
名称未設定 16.png

センターポールでは、パラスポーツ(障がい者スポーツ)を通じてパラスポーツの運動教育を行ってきました。

活動を通じて、日本における障がいを持つ子供のスポーツ環境は整備されているとは言えず、誰もがが安心して体を動かす機会が少ないことや社会課題も多く残っていることが現状です。

体を動かすこと、スポーツをすることは誰にでも平等に与えられている権利ですが、

場所の問題、指導員の問題、用具の問題などから未だにハードルが高い課題です。

センターポールではその社会課題を解決するためのパラスポーツ運動教室を2020年から開始し、様々な障がいをお持ちのキッズの支援を行ってきました。

運動能力の向上だけではなく、スポーツは礼儀やルール、コミュニケーションなど多くの事を学ばせてくれます。

いままで培ったスポーツの知見、そして地域に根差した継続的な支援で子供たちの成長に寄り添った支援を行っています。

​センターポールの
​地域連携

放課後デイサービス用ロゴ薄いグレー.png

センターポールでは、メインの事業所以外での活動やイベントも実施します。

​お子様の要望に合わせてご利用いただく事が可能です。

IMG_0297_edited.jpg

​広々とした運動スタジオとの連携

2022年7月に世田谷区経堂にオープンしたブラジリアン柔術スタジオ”CARPE DIEM 世田谷”はセンターポールが運営しております。

センターポールアダプティブキッズとは徒歩10分の場所に位置しており、約70平米の広々としたマット空間で運動教室会場としても利用連携しております。

スタジオでのプログラムはグループでの運動教室だけではなく、柔術の要素を取り入れたプログラムも実施いたします。

​お手洗いもユニバーサル仕様となっておりますので、車椅子でのご利用も快適にいただけます。

​PLAY STUDIO & BRAZILLIAN JIUJUTSU

パラスポーツを取り入れた運動プログラム

センターポールではスポーツ用の車いすを使用した運動教室を体育館、屋外運動場にて実施いたします

パラリンピックの花形競技である車いすバスケットボールや、ゲームの戦術が求められるボッチャなど

センターポールならではのアダプティブスポーツの参加が可能です。

また、フィットネストレーナー監修のトレーニングプログラムで事業所内での運動だけではなく、ご自宅でご家族と一緒に楽しめるコンテンツも提供しております。

​ADAPTIVE SPORTS PROGLAM

パラアスリートとの交流や勉強会

現在わたしたちセンターポールでは様々なパラアスリートと共に活動しています。

彼らアスリートの活躍する場所は競技のシーンだけではありません。

子供たちとの交流会や、当事者だからこそ語れるパラスポーツを通じての成長や、進路、将来の事等の

​勉強会も企画しております。

​CENTERPOLE ATHLETE